世界のカジノホテル:トップ7  

お金持ちのギャンブラーがカジノを訪れるのは簡単でしょう。でもカジノはお金持ちだけの場所ではありません。お金持ちの人もそうでない人も、同じ楽しみが味わえます!カジノには、勝者と敗者しか存在しないからです。どんなにお金を持っている人でも何百万ドルもの大金を失う場合があります。そしてお金持ちでない人が、その何百万ドルを獲得するチャンスがあるのです。

「Fortune favors the bold(幸運は大胆な者に味方する)」という言葉が本当かどうか、ご自分で確かめてみませんか?

イビサ・グランホテル(スペイン)

ギャンブル大国として有名なのはアメリカと中国ですが、他の国にも素晴らしい豪華カジノリゾートは存在しています。例えばイビサ島は、特に若者にとっては、最高の観光地のひとつです。 

シーザースパレス・ラスベガス(アメリカ)

リゾート全体が古代ローマを模して作られており、様々なローマのシンボルやモチーフ、有名な浴場、歴史を正確に再現した建築物などが特徴です。シーザースパレスのゲームスペースは16万平方フィート以上という広さです。 

パークハイアット・メンドーサ(アルゼンチン)

ほんの数世紀前まで、スペインが絶大な権力を誇っていました。ハイアット・メンドーサは、その雰囲気を今に伝えてくれます。とにかく贅沢な真っ白な建物は、運試しゲームで幸運を試すのにぴったりの場所です。 

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート(中国)

世界最大規模のカジノであるベネチアン・マカオは、アメリカ・ラスベガスのベネチアンホテルよりもさらにスケールが大きく、6,000台以上のスロットと800台以上のゲームテーブルを備えています。「マカオはラスベガスを超えた」ということにまだ納得できない方は、荷物をまとめ、ご自分の目で確かめに行ってみてはどうでしょう。 

リゾート・ワールド・セントーサ(シンガポール)

アメリカや中国にあるような典型的なリゾートとは一線を画す、世界最高のカジノリゾートのひとつ。ウォーターパークやマリンライフパーク、世界最大の海洋水族館なども楽しめます。 

オテル・ド・パリ・モンテカルロ(モナコ)

モナコはフランスのすぐ近くに位置しており、スポーツ選手や俳優など、自国に税金を払いたくない富裕層にとって理想的な場所です。モナコは事実上のギャンブル都市であり、かの有名なジェームズ・ボンド映画「カジノ・ロワイヤル」もここで撮影されています。 

ウィン・ラスベガス(アメリカ)

マカオがラスベガスを超える巨大で豪華なカジノ都市になっても、アメリカのシン・シティであるラスベガスの栄光が色あせることはありません。ウィンホテルは、建設費30億ドルもの大金を投じて建設されました。11万1千平方フィートの敷地内には、スロットマシーンその他多数のゲームが設置されています。